☆ムシBLOG 第3弾!今回は満を持して登場!昆虫界の宝石 ニジイロクワガタ ☆

画像
カーボンバックなので、少しメカニカルな印象ですがなんと綺麗なムシなんでしょう初令幼虫からブリードしたムシですが、菌糸瓶(850CCボトルで4回交換しました)は初回・2回はカワラタケで3回、4回はオオヒラタケを使用しました。サイズは50mm後半です。
上翅にもエクボ等もなく綺麗な固体だとおもいます。後食までは羽化後2ヶ月程度かかりました。現在は2匹の♂と1匹の♀が元気に育っております。1ペアは産卵ケースで同居中1匹はプリンカップで飼育しております(おれも早くペアリングしたいなぁーーー)
♂のブリード期間は卵からだと12ヶ月から15ヶ月くらいになると重います。大きさの割りに遅いような気もしますが・・・ホワイトバックで撮影が映り込みが無くて綺麗ですが、当たり前過ぎてつまらないので、あえてバックはカーボンを使用しています。
下は言わずとしれた「ヘラクレス・ヘラクレス」の蛹です

画像

でかいいぃぃ蛹になってはや2ヶ月。まだ成虫になる気配は無しです。人口蛹室に移して、室内温度20℃にてブリード中!♀は12月31日にすでに羽化しました。♂は同サイズが2匹羽化を待っています。国産カブトの比ではないですよ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

アル
2007年03月23日 21:33
>上戸彩の元彼が衝撃告白!緊急独占入手!!
やっぱり・・・気になる。

カ-ボンに虫って合いますね~凄い発想です。
それよりマックさんの撮影技術が良いんですよ。

それとマックさんのブログを紹介していいでしょうか?
ただ、顔のモロ出しは、ちょっと不安があります。
女性や子供たちも写ってますから。ボカシの予定は?

この記事へのトラックバック

  • ニジイロクワガタとは

    Excerpt: 世界一美しいクワガタと言われているのがオーストラリアやニューギニアに生息しているニジイロクワガタです。大きいもので70mm位になります。名前の通り、虹色に輝き、日本にいるタマムシを彷彿とさせ、余りの美.. Weblog: ニジイロクワガタ racked: 2007-09-21 15:21