☆ムシBLOG 第6弾! パプアキンイロクワガタ・2 累代飼育成功!!☆

画像飛び立つパプキン
部屋の中を飛ばせて遊んでました。
くれぐれも外でマネをしないで下さい
(誰もやらないと思いますが・・・)
背中が丸見えですね
暖かくて、明るいと羽を何度も
ケース内で広げていました。








画像

正直言いますとこんなに簡単に、産卵してくれるとは思っていませんでした
マットはクワガタ用マットで産卵木はクヌギのやわ目・8cmくらいのものを使用しました。
とくに♂と♀は喧嘩しませんし、Sサイズのケースでブリードできるのが魅力です


画像あの小さいからで♀が産卵木を
齧ったあとです。がんばりましたね卵も幼虫もたくさんいました











画像
これが蛹室(ようしつ)です。ちいさっ!!!
全てのスペースが小さくて済む
パプキン。環境にもやさしい?
(お財布にかな
菌糸瓶よりマット(材)飼育の方が
良いような気がします。
好きなほうを選んで飼育してください。温度管理がマットの方が
楽なようにかんじますね




画像
人口蛹室(といっても生け花用のオアシスですけど・・)に引越しの、前蛹(♀)&蛹(♂)
これがあの綺麗なパプキンとなるんですから!いやはやムシの変態とはすごいものです
ちなみにこの固体も♂はイエローグリーン系で♀はレッド系でした。インブリードで好きな色を
出す場合は、背中の色ではなく胸や脚の付け根のイロで決める方が、良い結果が得られるようです。と言っても完璧ではないですが
もう綺麗なブルーやレッドなどは別格ですからね
グリーンもイロが濃いと非常に綺麗です。あとはシルバーを作る為に日夜奮闘している人も
いました。(多分難しいでしょうけど・・・)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック