☆ウルトラ BLOG第12弾! マルサンソフビ発掘しました!!・2    ネロンガ編☆

画像このソフビも「マルサン・パゴス」と同年代(1966~1970)と思われる、(スタンプに年代表記なし!!初代マンに登場の「透明怪獣・ネロンガ」
どなたか分る方コメントください!!


画像

「ネロンガ」って、「パゴス」スーツの改造(頭挿げ替え)でしたっけ???
ソフビを比較してみると違うのは頭部だけみたいだし
そうだとすると「バラゴン」→「パゴス」→「ネロンガ」→「ガボラ」・・・・・この先もあったっけ・・・・
それにしてもよく角も折れずに残っていたものです
カビはすごかったけどダンボールに入れておいて良かったです




画像

足の裏も「パゴス」同様、手書きテイストの円谷マークですね。
次回は東宝怪獣かも・・・・・(それではウルトラじゃぁないね!という突っ込みは無しです)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

チビセブン
2007年04月15日 18:46
年代物のソフビにはビックリ!!!ヤフオク辺りに出品したら、結構イイ値が付くんじゃないですか?マルサンやブルマァクのソフビって、ちょっとブサイクな感じがたまんないんですよね。ずいぶん前に発売されたのに、蓄光ものとかあったりして、今更ながら感心する作りのものがありますよね~
マック&シュンカナ
2007年04月15日 23:31
40年ほど前の○SUNソフビですが、今年の鑑定団に出ていた同年代の
「ナメゴン」は70万でした。と言うのは「ナメゴン」は目の部分が折れやすく、欠損しているものが多いそうです。
ちなみに同じく同時期にでた「ぺギラ」は完全体、色落ち無しであれば
250万の価値が付いていました!!と言うのも生産数が極端に少なく、
300体位だそうでほとんど現存してないらしいです・・・
まあ、「ネロンガ」の場合、数も多いでしょうしみんな持ってそうですから
そこまで行かないでしょうが・・・
10万位にならないかなぁーーー
そんなわけで当時のものがあるので、どうも最近出ている「復刻版」には
興味がわきません・・
スタンダードソフビと対決セットで十分です。あ、あとガシャポンも!!

この記事へのトラックバック