☆NEKO BLOG第38弾!がんばれぇー、名も無き「野良猫」ちゃん。もう、寒くないよぉ・・・☆

画像

10月の初日から、こんなBLOGはつらいのですが・・・

がんばれの気持ちをこめて!

昨日、いつものように日曜出勤すると、パートさんが
「マックさん、私が来るとき◎◎水産のまえのガードレールのところに 、ネコが轢かれて・・」

な、な、なにぃーー!!
「色はクロっぽくて、まだ、足がピクピク動いてました・・・」

なんで、私にそんな話を聞かせるかなぁ。

第一、そこまではウチのネコも遠征しないもん・・・

でも、聞いた以上は放っておけないので。
(ちなみに今年はこれで5回目です)

始めから遺体を片付けるつもりで、準備をして現場に急行!!


到着すると、ずぶぬれで、砂まみれの、体のガッチリしたサバネコが倒れていました。


「おおぉーーい、大丈夫かぁ??」

声掛けにかすかに首を動かします。

チック症状なのか手足も時折「ピクッ」と動いてます。

(まだ、生きている・・・、助かるかも・・・・)


その場で出血のチェック、嘔吐物のチェック。
雨の影響も在るでしょうが、何も現場にはないです。

続いて頭部と手足を触診・・・
もちろん獣医ではないけど、30年以上、何十匹とネコと触れ合ってきているので、折れているかどうか位は分るつもりです。


どうする??つれて帰っても病院は休みだし・・・

でも、このままだと低体温で間違いなく助からない・・・


ええぇーーいい。


始めから現場に来た地点で、覚悟はしていたはず。


どうあっても最後まで面倒は見るぞ!!



職場に戻って、一か八か掛かりつけの病院に電話を。




プルルルル・・・・・プルルルル・・・・・プルルルルル・・・・・・・


プルルルル・・・・・プルルルル・・・・・プルルルルル・・・・・・・



プルルルル・・・・・プルルルル・・・・・プルルルルル・・・・・・・




ダメか!!



プルルルル・・・・・プルルルル・・・・・プルルルルル・・・・・・・



プルルルル・・・・・プルルルル・・・・・プルルルルル・・・・・・・



ガチャ!!



「お待たせしました、◎◎獣医です!」


やったーー!繋がった!!
普段なら休みの日は絶対に繋がらないのにぃ。

なんでも、今日は緊急受診が入ったようで、病院に来ていたそうです。


先ほど、保護した「野良」ちゃんの説明をすると、きちんと状態を確認して電話くださいとの指示。


頭は割れていない、手足も折れていない、出血もない、内出血の状態は・・・

「洗わないと分らないなぁ」

そうです、それほど砂まみれなんです。

海が目の前の道路ですからね。


ともかく再度電話すると
「マックさん、つれてきていいよぉ」との返事!



急いで、車のトランクに載せて、病院へ出発です。

雨のなか聞こえ来るはずの「ニッポン放送」もあまり耳に入らない。

いつもなら「三宅ゆうじ」とアナウンサーの楽しいやり取りのはずが、

たまたま掛かったリクエスト曲が、夏川 りみの「なだそうそう」・・・


車内でひとり号泣しながら病院へ・・・(それにしてもスゴイタイミングでこの曲だな。)


病院到着!


「マックさん!コッチにつれてきて!!状態はどうなの?歩けるの?出血は?頭は??」


先生・・そんなに一度に返事できないよ。


「あらぁ、これはずいぶん砂まみれだねぇ。マズは洗わないとみれないなぁ」
「とりあえず出血もなさそうだし、内臓も出てないもんねぇ」

「頭も平気そうだし・・・とりあえず先に砂を落とそうか!それに低体温でチックになってるかも知れないから」

診察室の奥に処置室があり、そこには大型犬も洗える大きなシンクがあります。

お湯で砂を流しながら診します。

「少し首に力が入っていないのがきになるけど、どこも折れていないかもね」

「手足がピクピクしているのは、低体温か毒物摂取も考えられるね」

「とくにリン系の毒物だとこんな症状になる場合はあるけど・・・」

見つけたのは水産会社の目の前。

殺鼠材や、猫いらずなどの「毒エサ」を食べた可能性も否定できません・・・



どうやら車やバイクに轢かれたのではなさそうです。
(原因が分らないのが一番厄介ですよね)



きれいになってから再度診察台へ。

体重5kg、体つきもしっかりしている。血液検査をしながら点滴の用意。

それと、劇物に対応する薬も念のため投与します。


やはり、外傷も骨折もしていません。


しばらくすると血液検査の結果がでました。

肝機能がすでに数値が許容範囲をOVERしています。

これにより、行き倒れていた可能性も否定できません。でも、自然になることはあまり考えられないので。

やはり、毒エサ??


でも、体を温めたこともあり「ピクピク」も少し収まり、自分で座っている姿勢を保てるようになりました。


よし、がんばれ!がんばれ!!がんばれ!!!

念のためFIVの検査もします・・・

結果は次の記事にUPします。
画像


せーーのっ!!がんばれぇーーーー!!!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ケイパパ
2007年10月02日 19:08
自分には勇気がないので、知らないネコをマックさんみたいに助ける事は出来ないと思います。なので、出来るマックさんは尊敬しますし、放っておけないマックさんは凄いって思います。
ともかく、命が繋がって良かったです。
マック&シュンカナ
2007年10月02日 20:52
性格的にどうしてもダメなんですよね。
脅迫観念に駆られるというかぁ
「ここで、助けておかないとお前の身に何かが起こるぞ!」みたいな・・・
結構、疲れます・・・
でも、とりあえず「ずぶぬれのまま」路上で死ぬことはなかったので・・・

この記事へのトラックバック