☆ウルトラBLOG 第192弾!いつの間にかウルトラ関連のサインがいっぱいに!☆

画像



画像

近々2か月の間に「ウルトラマン」関連のサインがかなり増えたので、一挙にUPしました!

まずはじめはエキストラに行ったとき、撮影見学に来ていたところこを、突撃?サインを頼み書いていただきました。

誰って??

もちろん我らが「円谷 一夫」会長ですよ!!

「どのようになってもウルトラを応援していきますので、頑張ってください!」と声を掛けさせていただきましたぁ!!

これからも独自のウルトラ応援を続けていきます!!





画像

さて、さて、このサインもTFCの人はすぐに分かると思いますが・・・

写真は別の場所で撮らせて頂いたものです。

シュンスケの頭の中でうは「怪獣ごっこをしてくれるお姉さん」として、インプットされてしまったようです。

SA出身ということで、ポージングが格好良いんですよねぇ。


画像



今は円谷の顔をとして表立った仕事をしています。

理香子さんです。円谷作品にもいろいろ出てるんですよ!
細かい作品名はコメントにだれか入れてくれると思う・・・多分・・・

いつもFANのこと、特に子供のことをすごく気付かってくれて、感謝してもし足りないくらいです。

今度の親睦会も来てくれるのかなぁ。(って、私は外れたんだ!!)

よかった、会う機会が他に会って・・・

オビコさんに怒られちゃうけど(^^;;セリフはすっかり忘れてましたねぇ。

自分は何度も見直したんで、変わりに私が覚えてしまいました!

「全機!ターゲットを全速追尾!」 




画像画像



















イベントに行くとよくある「ウルトラ色紙」ですが、これはスタジアム・ツアーに行ったときに前日から、石川入りしていた「ケイパパ」さんにいただきました。

ありがとうございます!!

もう、いっぱいのウルトラが書いてあって誰が誰だか分らなくなりした(^^;;

自分は今までこの「ウルトラ色紙」には2人までしか書いてもっらたことがないので、すごくうれしかったです。


そして、右側の色紙は「スタジアムスタッフ」みんなの寄せ書きです。


これも、前日に「ケイパパ」さんが「マック用にもおねがいします」と渡してくれていたものです。


ここにはみんなそれぞれの「スタジアム」への思い、「ウルトラマン」への思い、「ファン」への思い・・・・・

そして、これから新たに歩んでいくそれぞれの道への思いが綴られています。

自分はこれを読み直してみて、スタジアム復活のためにすべきことが分かったような気がします。

「明日になれば笑顔に会える、あきらめないでがんばること」 




画像

こちらの色紙は自分のオリジナル色紙に、チーム・スピカのメンバーが書いてくれた寄せ書きです。

休館前の最終日前日に渡しておいて、翌日に受け取りました。
忙しいのに、まさかここまで丁寧に一人一人がコメントを書いてくれるとは・・・

直接的なことは何もできないですが、自分としては自分のやり方で精一杯応援していきます。



画像


ありがとう、チーム・スピカ!




画像

このサインはウルトラシリーズの主題歌を数多く歌っている「Project DMM」御三方のサインです。

これは、軽井沢おもちゃ王国の「DMM スペシャルライブ」の時に「チビセブン」さんから頂いたものです。

ありがとうございました!
しかも、うちのカミサンの名前で書いてもらって!!

すごく喜んでいましたよぉ。今度の博品館では自分の宛名でもらおうかな?
(ただいま博品館イベントの応援Goodsを製作中!)
この日は自分はいけませんでしたが、「タロウ体操」の歌を3人が3人ともに忘れるハプニングが!!

でも、ゆっくり歌う曲じゃないもんねぇ・・・
 




画像

そしてこれも場所と日時は言えないんですが、自分が大好きなSA(スーツアクター)の、
「寺井 大介」さん!!本人に書いていただきました!!

写真もあるから載せたいんですが、寺井さん本人がそのようなことを、良しとしない(多分)と思うのであえて載せるのはどうかなぁ?

自分にとっては平成のマイヒーローです!

コスモス&ネクサスの本放送は彼が演じています。もちろん他にも多数演じていますが、
あげればきりがないので。

まさか、会えるとは!!

自分は寺井さんの書いたblogで、心に残った記事を持ち歩いんているんです。

パウチしてあるんでそこにサインしてもらいました。

本人を目の前にしてこれを出したときは、ビックりしてましたけどね。


これは小夏さんに教えてもらった記事なんですけど。もう、読んだときから涙が止まらなくなってしまいまして・・・

それからさかのぼるようにしてblogを読みましたねぇ。

今では毎日チェックしていますよ。

自分の中で忘れかけていたもの、子供の時にどこかに置いてきてしまったものを

寺井さんに教えられた気がします。

それは「勇気と思いやり」だったり、「優しさと強さ」だったり。


そんな彼の素顔を少しだけ!!


画像


もう、これだけで分かるでしょ??


シュンスケ!この人が本当のウルトラマンだよ!!


大きくなったらそうやって教えてあげるんだ!


それは彼がスーツアクターとしてウルトラマンを演じているからではなく、


彼そのものが本当の「リアルヒーロー」なんだと・・・







それまではザムシャーになるために剣道がんばってね!!


シュンスケもなれるかなぁ?本当の「リアルヒーロー」に・・・



画像




円谷プロファンlクラブへはこちらへ   →     http://tpc-fan.com/



TFCとは円谷プロ作品の大好きなみなさんが集う、円谷プロダクション公式ファンクラブです。

会員特典は、このサイトにログインできるほか、隊員証や会報誌の発行、円谷プロ直営ショップ、施設での各種サービス、円谷プロ作品へのエキストラ出演のチャンスなど、より円谷プロを身近に感じていただけるサービスを提供していきます。

”心から円谷プロ作品を愛している”

もしくは

”ウルトラマンが大好きだ!”

というみなさんいっしょに円谷プロ作品を盛り上げてみませんか?

まだ入会してない人は、この機会に是非ぜひ円谷プロファンクラブにご参加いただき、一緒に盛り上がってくださいね!

当ホームページはファンクラブ会員様限定のサイトとなっており、ご登録いただいた方に、事務局より会員番号とパスワードを発行しております。

尚、お申込みの際ご登録いただいた個人情報は、当ファンクラブの運営のみに使用いたします。

みなさんの参加をお待ちしております!!





画像



大決戦!超ウルトラ8兄弟の公式HPはこちら    →  http://www.ultraman-movie.com/


さぁ、みんなも急いで入会するのよ!!

ファミリー会員:5,250円
A会員    :10,500円
S会員    :31,500円

勢いで入れる金額じゃないけど、今度は円谷プロいえ・・・

ウルトラマンをみんなで助けるのよ~~~!!

それに11月15日までに入会すると、エキストラ出演のチャンスもあるのよ!!













ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

レナード
2007年11月14日 09:57
レナードです。
昨日、『かえってきてウルトラマンスタジアム』というHPが立ち上がりました。
TYOと円谷プロに、再開を求める署名活動を中心としたHPです。
一応アドレスを、報告します。http://studium.ongaeshi.biz/index.htm
です。ここまで、みんなの気持ちを動かすなんて正直おもいませんでした。
すぐは無理かもしれないけど、自分も一日でも早い再開を願う者として署名してみようと思います。
マック&シュンカナ
2007年11月14日 21:47
レナードさん、
自分もこのHPは知ってましたよ。立ち上げまでのいきさつもなんとなくは見てましたので。
ただ、自分も同じくスタジアムの復活、円谷の再生を願うものですが、TYOや円谷に嘆願書、署名等だすとなると私の趣旨とは若干ずれてくるんですよね。
これって、休館に対する抗議ですよね?
ちがうのかなぁ?
自分ももちろん、一日でも早い復活を求めているのはもちろんですが、何度となく意見を交わされて、休館となったスタジアム。
本丸である「円谷プロ」がつぶれてしまってはそれこそ「スタジアム」も「ランド」も「ジャングル」だって「ベース」だって・・・
なくなってしまいます。

その本丸が危ないというか、助け船が出ないと沈んでしまう!
そんな中、出てきたのがTYOだと今は思っているのです。
赤字の会社を趣味で買い取る会社はどこにもありませんよ。
そうであれば、決定した事項をもとに戻させるのではなく、あくまで遠回りでもいいから利益を上げられることへの応援はできないか?
と考えています。
マック&シュンカナ
2007年11月14日 21:58
それは少し前に書いた記事である
~マックのぼやき、ひとこと日記~マックの本音。今後のウルトラマンの展望は!!
http://macmac.at.webry.info/200711/article_12.html

を、見てくれた方は私の考え方もまた理解してくれると思っています。
志は一緒だと思っていますよ。それぞれのウルトラの接し方があり、ウルトラへの思いがあり、その中で最良だと思っていることを個人個人でやればいいと思っています。
どのような応援の仕方であろうとウルトラへの思いに大きい、小さいはありません。
嘆願書も署名も一つの方法だと思います。
がんばってほしいと思っていますから、協力できる方は是非協力してくださいね。
また、個人でウルトラ応援BLOGを立ち上げるのもありだと思いますよ!

やーも
2007年11月14日 23:55
こんにちは。
スタジアムではお世話になりました。

『帰ってきて ウルトラマンスタジアム!』私も少し関わったホームページではあるので、少しだけ書かせていただきますね。
TYOさんや円谷さんに嘆願書、署名を送るというのは、抗議というより応援なのだと私は思っています。
これだけウルトラが大好きで、大事に思っているということを伝えた上での再開のお願いです。

好きだからこそ、すべてを受け入れて見守るという応援の方法もあれば、
好きだからこそ、伝えたいことは伝えようという応援の方法もあるのだと思います。
恋愛問題みたいですよね。
黙っていることで、相手も自分自身も、嫌いになってしまうようなことにはなりたくないので、私は「伝える」方を選びました。
多分、「受け入れる方」がしんどいですよね。マックさんは達観されてるなと思います。

…ということで、今後ともよろしくお願いします。
マック&シュンカナ
2007年11月15日 00:18
コメントありがとうございます。自分もスタジアムではお世話になりました。書いたばかりの記事ですが読んでいただいてうれしいです。しかも、コメントまでいただいて。正直、この文面だと誤解を招いたり、地元のファンから指摘を受けたりするのでは?と、半ば覚悟はしております。でも、「抗議」といっても悪い意味ではないですよ。再開を熱望するための手段ですから。 自分も伝えたいことは伝えています。このblogの表現方法が「ウルトラへの応援」だと思っていますので。また、男の癖におしゃべり?なので、TFCの須賀さんなどにもメールで商品開発の提案をしたり、掲示板スレッドの新たな提案をしたり、自分なりに発展の努力は惜しみません。私は、初めて行ったスタジアムが「最初で最後に」なんてなってほしくありませんからね。2日間しか入れませんでしたが、あのステージで歌った「ウルトラの奇跡」は絶対忘れないです。
でも、いまは「明日になれば」の歌詞を胸に今後も変わらず応援していきますので、こちらこそよろしくお願いします。


キヌタ・ラボラトリー
2007年11月15日 01:40
スタジアムで、マックさんがあの色紙を袋から出してたのを私は隣りで見てました。
しかし、その時は誰が誰だか全然わからなくて、声かけようか悩んでるうちに、子供が泣き出したといった感じです。
今思えば後悔してますが…。
帰ってきてウルトラマンスタジアム…私も何かで協力したい気持ちはあります。でも、休館と言う事ですから、言葉通りウルトラマンを休ませてあげては?と言う気持ちもありまして、そんなに慌てないで、新しくなった円谷でエネルギーを沢山補給したウルトラマンと、またスタジアムで会える日を楽しみに待ちたいと思ってます。
きっと、そんな日が来ますよね。
マック&シュンカナ
2007年11月15日 11:44
キヌタ・ラボラトリーさん。そうですかぁ。あの時となりにいましたか! 私はイベント会場やショップに行っているときは、シュンカナを見失わないようにするのに必死で。(-_-;)(-_-;)いつも(怒)いるからさらに声を掛けヅライかも知れませんが、全く問題ないので、次回見掛けたときは是非後ろからでも『マック』と呼び掛けてください。少しウルトラマンを休ませてあげたい。それもまた1つの優しさですよね。確かにあの傷ついたウルトラマンや怪獣達を見ると、余計にそう思わずには居られません。またあの地で皆さんが再会できることを願っています
ツルギ
2007年11月15日 19:44
サインっていいですよね。
貰うと自分の為に書いてくれたという特別な気分(?)がします。
麻弥さんと真里さんから貰ったサインは今でも大切に保管しています。

理香子さんって怪獣倉庫の見学ツアーで案内役をされていた方ですね。
皆さんの会話にも度々登場しているみたいですが、写真を見るまでピンときませんでした。知的な印象の女性ですね。
SA出身とは驚きました。
マック&シュンカナ
2007年11月16日 08:19
そうですよね。
一度もらい始めるとなんだか集めたくなってしまって(^^;;
怪獣倉庫ツアーは行かれたんですねぇ。
次回の第2回のときは何とか当選してほしいものですけど・・・
理香子さんは本当に気さくな人なんですよね。
厳密に言うとTFCの方ではないとおもいます。
他のスタッフの方たちも非常に優しい方たちです。

この記事へのトラックバック