☆M3 BLOG 第19弾! 載ってないけどネタは満載!今日は重たそうなクランクの紹介!☆

画像

ハイハイ、全然のれてない(ToT)M3ですが、壊れまくる??(ウソウソ)ので

色々パーツをかき集めていた時期がありました。


ちょうど、ウルトラにハマル2年前は、M3に入れ込んでいましたからね。

ホイールも2setあるし、デフもなぜか2個・・・(ファイナルが違うんです)

エキマニも2本転がっていたなぁー・・・

こんど一回整理しないと(^^;; (^^;;


それと、こんな物まで買ってましたねー!!!









画像

って、おおおーーーーいい。


今思うと「何で素人がクランク買ってるの??」って感じですね。

走行、35000km位ということで仕入れたような・・・


まあ、逝ってなきゃ「5kmでも10万km」でもいいけどさ・・・


この年式(1987年)になるとM3も毎年、パーツの値段が上がっていきます。


RZのときにそれを味わっているので、車のエンジンは組めないに


スペアパーツを集めていたのよねぇー。


ちなみにM3はもちろんノーマルでフルカウンターです。

この時代でノーマルで7300RPMまできちんと回るのって、なかなかないですよね。


DTMなどでは9000!OVERしてたでしょ?(8500位??)



ノーマル4連スロットルだし、盗聴エキマニ・・・・・

ちがう!!同じ長さの「等長エキマニ!!!」



すべてに関してレーシーです。


そうそう、クランクだけど激重!!で22KG弱・・・

クロネコヤマトの人が「これなんですか!!」って、半分ブチ切れていたのを思い出す。



うっすらとクランクジャーナルに筋がみえるけど、ダイヤモンドコンパウンドと革ベルトで

消えるレベルだとおもう・・・


うん、どうせならウエイト部を削る???


って、バランスどうやって素人がとるのよー。

大体そんな事したらフライホイールから、ピストン、コンロッドまで全部やらなきゃ!!!


バランス取れないっつうの!!


バイクのエンジンはフライホイールなくていいなぁー。

拭け上がりが全然ちがうもんねぇ。


以前にロードスターに川崎のk12のエンジン載せてる人がいて

もちろんガス検も、車検も通してます。

バックギアはクワイフのものをワンオフ!!

足とギア比がまだ完全ではないけど。載ったらすごかった・・・・・


拭け上がりが半端なく、800KGまで軽量化してたから加速がものすごっかです。


やはり、車はパワーより軽さが命のロータス思想派です!!




画像

それに比べるとこのクランクは4気筒でも重いのかなー。

まあ、夢はいっぱいだけど、自分でそこまでいじれないからね。

所詮、原付レベルですから・・・


でも、ホントは









画像

ここまでやりたいと思ってましたぁー!!!


写真はGr.Aのエンジンです。


富士にレースを見に行ったときに撮った写真かなー


スロットルバルブもスライド式に、カーボンインダクション・・・

燃料はmotecかなぁ???


まあ、ここまでやる熱は今は持ち合わせていなので、

如何に現状を維持していくかを考える今日この頃です。



うん、うん、つくづくウルトラに目覚めていて良かった・・・

だって、このまま行ってたら完全に車ビンボーですからね!!


高速で止まること3回・・・

そのうち1回はシュンスケもカミサンも載せていました・・・(^^;; (^^;;


ちなみに香奈衣はお腹の中でした・・・


しかも止まったのがトンネル内!!


それから、カミサンはほとんどM3に乗らなくなりました。


当り前か!


でも、あのとき何もなくて良かったぁーー。


トンネルの中を一生懸命公団の人に押してもらいました・・・


もう2度と味わいたくない悪夢です。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

studio7
2008年01月16日 22:30
まさに“男の玩具箱”ですね~!
何度かコメントさせていただいているようにメカ類にはからっきし弱い私ですが、機械そのものは大好きなので、こういうノリにはわくわくします。

なお、“フライホイール”という言葉から真っ先に思い出すのは『宇宙戦艦ヤマト』の発進シーンです。 
みぃ パパ
2008年01月16日 22:31
 トンネルで止まった、は危ないですね。
 クランクシャフト持ってまーす!って人、始めてみました(笑)
 でも年々値段が上っていくなど考えると、部品があるうちにストックしておきたくなる気持ちは分かります。サニトラの友達は部品取り用にもう一台持っているそうです。
 レースエンジン、ステンメッシュの配管、カーボンパーツ等、やっていって行き着く先の最もカッコ良い状態なのですから、あこがれるのは分かります。
 最近(特に明日)寒くなってきたので私のエボのストレートサクションのためにワイパーモーター下に小型化・移動した「バイク用バッテリー」がやばそうです。気晴らしにソーラー発電付けてみました(笑)
 ちなみにマック様の「M3」のホイールTE37ですね?私の「Sタイヤ」用ホイールと同じです。
 ブレーキはどういった仕様になってるのですか?
 また走れるように頑張ってください!小学生のころ「サーキットの狼」のプラモで一番好きだったのが通称「ベンベ」→「BMW」でしたから。
マック&シュンカナ
2008年01月16日 22:48
studio7さん
ありましたね。語れるほど「ヤマト」に詳しくはないですが、タイムリーで見てましたからね。
私は銀河鉄道999のメーテルにドキドキしてた、小学2年生?でしたね。
ですから、メビウスでウルトラの母が池田 昌子さんだった時は妙にドキドキしてたりして(^^;;

みぃパパさん
小型バッテリーというのが潔くていいですね。
M3はリアバッテリーですね、なんでも50:50にものすごくこだわっているようです。
フロントオーバーハングも短く、車高はType‐Mのときと変わらないのに
フロントを擦らないので・・・
ノーマルは売ってしまいました。16-8JのTE37です。
ブレーキはホースがメッシュになっているだけで、あとは何も変えてません。
相も変わらずBMWはいまだに「片押しキャりパー」ですからね。
街のりメインですから十分です。
トンネル止まった!は、高速ですから生きた心地がしませんでした。
とりあえず昨日、義兄が「どうせばらすなら」とMTのケミカルOHを試みて
試運転してましたね。
まだ、コメント聞いてないやぁ。
次回は走れるかな・・・
studio7
2008年01月17日 00:19
メーテルは少年の憧れという意味で、まさに“おねえさん”の定義にあてはまると思いますよ(^^)
以前、深夜に瀬戸内海の“しまなみ街道”を四輪で走った時は、銀河鉄道な気分でした。橋のライトアップを楽しむために、他の車がいないのを良いことにヘッドライトを消して走ったりして。往路11時間~四国で二泊~帰路15時間の単身ドライブでした。今はもう体力・気力が持たないでしょう…。
清水
2008年01月17日 00:40
専門用語はもちろんわかりませんが、メカって見てるだけで楽しくなりますね!SFを感じさせる部分もあるからでしょうか?
私は仕事の一部で何とか覚えた自転車のパンク修理が関の山ですね。しかも他のメーカーのチャリは多分無理かなって感じです(笑)ママチャリ型の後輪を外してもとにもどすのも一苦労って感じです。
マック&シュンカナ
2008年01月17日 00:59
studio7さん
そうですね、言われてみれば私の「お姉さん」の原点かも・・・
すごく世界観が好きで、主題歌も大好きでしたね。
明るい歌ではないですが、幼心に「グッと」来るものがありましたね。
自分も一人旅でアメリカに行ったとき、20時間ドライブをしてしにそうになりました。もう、できないです・・・

清水さん
確かにメカって「神秘的」な部分もあるし、SFチックかもしれません。
でも、自転車のタイヤ交換やパンク修理もなれないとかなり難しいと思いますけど!
ケイパパ
2008年01月17日 09:10
ここまでとは思いませんでした。入れ込み方が半端じゃ無いですね。
クランクシャフトだけをとっても、この時代のエンジンのノウハウが全部今に引き続いていますね。しかし、クランクまで持っているとは、早くガレージ付きの家を建てないと・・・。4発のクランクにしては重いかもしれませんね。
目指すエンジンはよーーっく解ります。長い目で作っていって欲しいですね。もっちろん個人的にお手伝いしますよ~。
サトキ
2008年01月17日 12:33
新型M3カ-ボンル-フはなんと゛純正゛ですか。さすがですネ。チョッと欲しくなりました。ピラ-部の接合部が気になりますが・・・。
写真のENGは黄色いのでオ-トテッyクM3のものでしょうか?私はカムカバ-の文字を見ると80年代当時のF1-ENGを想像してします。ブラバムピケ、ベネトンベルガ-等等(直4+turboだけど)当時F-1は今の゛車゛勝負でなく、゛腕゛勝負で見ていて楽しかったな-。
E30は使い勝手よりコダワリ。でも機械だから壊れる。大変よく分かります。手放さずがんばって乗り続けるべし。早く直してまた乗らせてください。
マック&シュンカナ
2008年01月17日 19:51
ケイパパさん
これだけ熱かったM3の思いがそのままウルトラにスライドしただけです。
ちょっとレールが外れればまたすぐに戻るかも・・・
4発にしてはかなり重いと思いますが、やはりそれなりの考えがあったようですね。
でも、いじれもしないのにどうよ?って感じですが・・・
ドライブシャフトやプロぺシャフトのベアリングなのども持っています。
一応、EngのOH用のG/K&シールkitも持っていたりします(^^;;
早く家は建てたいのに、土地の許可がまだ下りず・・・
そのうち、イベントに乗っていきたいですね。
エンジンは「作る」より一度、本来の状態に持って行ってあげたいです。


マック&シュンカナ
2008年01月17日 19:52
サトキさん
うん、うん、そうです。オートテックのものですが、E36の320に
E30の320SP(かな?)のエンジンを積んだ車両ですね。
この、30-320SPはイタリアの自動車区分に合わせて、2.3Lの
M3エンジンを2.0Lまでボアダウンしたものです。

80年当時のF1エンジンもBMWは市販車と同じM社のライン製作してたと思います。

1.5Lターボエンジンは「S12」とかかな?
M3の「S14」エンジンも同じ流れを組む屈強なエンジンです。
DTM車両などもエンジンブロックなどは特別に別のラインで作るのではなく
「1000個に1個」くらいの割合ででる、「当りブロック」を使用しているそうです。
自分もF1が楽しかったのは93年までかなぁー。
やっぱりセナがいないとなんともさみしいものです・・・
ちなみにエアコンなしでいいなら、今でも乗れますよぉ。
ヒーターはガンガンにかかるから冬なら快適です。
あちこちから出る「異音」さえ気にならなければね・・・
みぃ パパ
2008年01月17日 23:59
>studio7様、ヤマト仕事してても「フライホイール」見るたびに思い出します。「フライホイール始動!」エンジンの出力を「ハドウ砲」に変換してるのでしょうか?車ならいつも回ってる物ですが(笑)「フライホイール始動」ってエンジンかけるのも「かっこ良いかも?」です。
 >「ヘッドライトを消して走ったりして」は「イニシャルD」の「ブラインドアタック」になります(笑)
 「999」、映画館で「パス」買いました。東京タワーに「車掌さん」がいて握手した事を憶えています。
 メーテルの姉妹エメラルダスに壊された「戦闘車両」がカッコ良かった。
 >サトキ様、ヘッドカバーのロゴどっかで見たと思ってましたが、「F1」でした!
 本日は5センチぐらい雪が積もって寒かったですが、サイドターンが楽しい日でした(笑)
マック&シュンカナ
2008年01月18日 01:17
みぃパパさん
たしかに「ID」ですね。
ブラインドアタックもすごいですけど、メカドックのナベさんなんて目をつぶって富士を走っちゃいますからね。
MPowerのロゴはまさしくF1ですね。
今では「BMW Power」になっちゃいましたが・・
関東も初雪の地域が多数だった今日1日です
サトキ
2008年01月18日 09:08
マックさん
Zの神様ナベさんなつかし-。
写真のENGはE36のものでしたか。JTCC車両でしょうか?私はGrA E30M3・中谷明彦が頭をよぎりましたが。E30M3ネタだったので。
みぃ パパ様
有難う御座います。水・青・赤の3色構成のM POWER文字は私的には1986年ベネトンB186-Gベルガ-のマシンが思い出されます。私の1番好きなF-1マシンです。(因みに1986メキシコGPはBMWタ-ボENG最後の勝利のはずです。タイヤはピレリ)マックさんも言うとおり、93年までのF-1は最高でした。
マシン・ドライバ-共にそれぞれ個性があって熱中しました。
セナ亡き94年モナコ以降はテキト-に見てました。
マック&シュンカナ
2008年01月18日 14:30
(V)o\o(V)。
うんうん、
正直、GrAかJTCCか記憶が曖昧でしたが。

今コメントを見て、繋がりました。

E36のJTCCに間違いないです。

考えてみたら、GrAのときにはM3でしたからね。

この車両もそうですが、ストラットタワー廻りもガチガチに補強が入っていましたね。

サトキ
2008年01月18日 17:21
マックさん、私もスッキリしました。
やはりENGル-ムは゛スカスカ ゛なほどカッコイイですね。
機能重視で当然快適装備もなし。憧れます。
NA車ならまだしも、私のBEレガシィなどのタ-ボ車はでギッシギシで・・・
EJ20はFLAT4で結構小さいのに補器類等でやられてます。
ENGル-ム内のカ-ボン、チタン、アルミアルマイト製品を見るとついつい反応してしまいます。
みぃ パパ
2008年01月18日 22:54
>「ちなみにM3はもちろんノーマルでフルカウンターです。」
 分かってるようで実ははっきり知らない(笑)私です。
 「クランクシャフトがフルカウンター」とは、そうでないのとどのように違うのでしょうか?
 (ちなみにフライホールとか軽くするとエンブレが効かないようですね?) 
マック&シュンカナ
2008年01月18日 23:45
みぃパパさん
実は自分もよくわかっっていなかったりして・・
ただ、回転した時に重量バランスがとりやすく、出来る限り震動が出ないようにというコンセプトのようです。
これが、直6だと「ゼロバランス」となるそうで、BMWでよく言われる
「シルキーシックス」・・・
絹のような滑らかさで拭け上がっていくようですね。
たしかにこの時代の6発はパワーはないですが、周り方はすごく上品で
エンジンの音の割に震動が少ないですね。
フライホイールはこのくらいの軽量化であれば、エンブレも発進時の変化も
私は気にならないレベルです。

この記事へのトラックバック