☆NEKO BLOG 第41弾! 安らかに・・・ガッちゃん!15年間ありがとね・・・☆

画像

昨日、10月17日に実家のネコの「ガッちゃん」が老衰のため永眠しました。

15年という歳月をともにしてきた猫・・・

FIV(猫エイズ)にかかって6年、バイクにひかれて腹壁が破れてしまい、大手術もしました。

病医のカルテは15枚以上・・・


始まりは二十歳のときの仕事帰りでしたね。


原チャリで帰宅中に道路の真ん中の白線でうごめく物を発見!!


自宅のすぐ近くでしたが、それが猫と分かるにはUターンして道路の真ん中で止まらないと
確認できませんでした。


「うぉ??子猫だぁー」


ひかれても困るのでメットインの中に入れて帰宅。

もう、ノミだらけでしたね!目やに・鼻水もひどくてまずは飲みとりシャンプーでした。

入れてらぐったりしちゃって大変でしたけどね。


3日後には超元気になり、食意地がはっていてついた名前が「ガッちゃん」です。

だって、ガツガツしてるから・・・


何にでもじゃれる猫で肩乗りもしてたなぁ。


喧嘩ばかりする猫でもちろん虚勢はしたけど、攻撃的な性格は変わりませんでしたね。


本当に怪我が絶えない猫でした。


その分心配されかわいがられましたが。


でも、いつも元気なガッちゃんも2年くらい前からは「もう今年の夏は・・・」

「今度の冬は・・・」は?と季節の変わり目ごとにもうダメなんじゃないかと・・・・


今年も夏は超えましたがこのところ2週間は全くご飯を食べていませんでした、

本当に水だけです。


それでも毎日実家の兄貴、母親の出勤を見送り、外にトイレに行ってました。

2日前に会いに行くと布団の上で頭をあげて、私の顔をまじまじと見てました。


その時に携帯で撮った写真です。


最後、会いに行くまで頑張ってくれたのかな??


次に日の朝、トイレに出たまま戻りませんでした・・・・・


もう、見つかりませんでしたね。トイレに行く場所は道路をはさんで草むらです。


覆い茂った雑草が視界を阻みます。


今日は仕事を切り上げて2時間草むらを探しましたがダメでした・・・


結婚後家を出てからはご主人が兄貴に変わり、ずっと一緒にいガッちゃん。


早くに帰宅した兄貴が横たわるガッちゃんを発見。


すでに呼吸は止まり、冷たくなっていました・・・


頑張ったね、体かが楽になるように冷たい所を探したんだね。

猫は死ぬ時その姿を見せず、体に負担がかからぬように自ら体温を下げるすべを知っています。


ガッちゃんは時に気丈で勝気なネコでしたから・・・


でも、亡骸を見つけることができてよかったです。


きちんとお墓に納めてやるつもりでしたから



15年間、いろいろな思いでありがとう!


天国でもガッちゃんは、ガッちゃんらしく居てくださいね


最後まで力強く生き抜いた猫に勇気を分けてもらいました

"☆NEKO BLOG 第41弾! 安らかに・・・ガッちゃん!15年間ありがとね・・・☆" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント