☆M3 BLOG 第23弾!3月に入ってから初めての更新(^^; カムって美味しいねぇ?☆

画像

ハイ!今日のおかずは巨大焼き鳥ぃ~~

ではなく、シシカバブー!!って、それも違うじゃん??

ごめんなさい(>_<)(>_<)

全然面白くなくて・・・



最近、カナエに「いいとこどり」されている感がしないでもないが・・・



全く、進んでいなかったM3のカムシャフト!


やっとおろしましたよぉーー!!










画像

BMWで唯一の4気筒のレーシングエンジン。(と私は思っています)

M1やE28-M5は3453ccの6気筒、そのうちの2気筒をカットオフしたのが

名器S14エンジンです

ですからこの3代は「ボア×ストローク」が一緒で、93.4×84.0mmでみんな一緒!

数値的には195ps(本国200ps) 6750rpm で
トルクは23.4kg(本国23.5kg) 4750rpmとなっています。


ちなみにレブは7300rpm・・・

25年以上前の設計エンジンで、しかも市販乗用車ですから。

時代を考えれば立派なものです。

なんで、そんなウンチクを書くかというと・・・


それを踏まえて12万km走破したカムの状態を見てもらうので。













画像画像






















これが噂の「かじり虫」にかまれ放題かまれた、インテーク側のカムです。

自分では「12万kmも走っていればこんなものかなぁー?」

などと思っていましたが、プロに言わせると

「思っていたよりにひどい・・・」とのことです(>_<)(>_<)(T_T)


「でも研磨できるレベルだから大丈夫!」とのこと・・・

ダメなら「ハイ交換」なんてできるレベルの金額ではないですからねぇ


しかも、どんどんパーツが欠品になっていますから。












画像画像






















左は引き続きin側で、右はエキゾースト(EX)側です。

双方、同じように虫が食っています・・・

うえーーん。

オイル管理もそれほどさぼっていたわけではないんですけどね。

オイルは100%化学合成は当たり前だし・・・

まあ、いつもきちんと7000rpmまで回して乗っていましたからねぇ。

それに私が乗る前の7万6千kmについては

どんな管理だったか知る由もなし!













画像画像






















エキゾースト側のカムも同様の「食い」方をしていますねぇ

冷静に考えれば金属ですから、使用すれば減るのは当たり前ですけどね。

それをどれだけ抑えるか?

は、乗り手次第といったところでしょうか・・・

素朴な疑問ですが、フライパンみたいにミクロンの世界で

「テフロン加工」の様なことをすれば多少はちがうのかなぁ??

誰かしってますぅ(・_・;)(^_^;)














画像画像










 











こちらは何の変哲もないシムとシムケース?でしたっけ??

名称を忘れてしまった・・・

カムを研磨して、一度エンジンにカムを乗っけてからクリアランスを測定します。

その、隙間の数値に合わせた「◎状の鉄板」をはさんでいきます。

それでカムとの「アタリ」を調整していくんです。

要するに直接カム山がバルブを打つ訳ではないですからねぇ・・・

そんなことしたらバルブがおれちゃいますから!!


きちんと調整したからといって、馬力は上がりませんが

「フィーリング」はかなり異なります。

というか全く違います、

きちんとエンジン性性能を引き出すためにも、調整しておきたい所です・・・


次回はM3ではないですが、ピストンの話になる予定!!


こうご期待!!!


って、誰も楽しみにしてないか\(゜ロ\)(/ロ゜)/


いいんです。前の記事が「女の子」を前面に押し出した記事でしたので


今回は「目一杯男の子」にしてみました

えぇぇ?男の子でもついてこれないって??

頑張ってついてきてね・・・

"☆M3 BLOG 第23弾!3月に入ってから初めての更新(^^; カムって美味しいねぇ?☆" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント